2012年12月10日

ワイルドでデカダントなボヘミアン生活 / THE EASY WALKERS

ワイルドでデカダントなボヘミアン生活

2012年12月12日(水)Release!
THE EASY WALKERS ★ NEW FULL ALBUM


≪追記≫ 12月11日、無事購入。

DSC01018.JPG

最高のロックン・ロール・アルバムが誕生した。

嬉しくて泣きそうです。楽しくてずっとニヤニヤしています。

この感動を伝えるオシャレな言葉が見つかりません。


ありがとう、イージー・ウォーカーズ!
posted by カンチョナ at 21:54| 埼玉 ☔| Comment(13) | TrackBack(0) | MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月06日

Guitar Man

早起きして、昨日のラウンドでボロボロになったスイングを矯正。
タメのなくなった俺の酷い素振りを見た酔いどれ師匠は愕然。ゴルフって奴は厄介だ。

夜はブービー賞でもらったチープなイタリアの白ワインと、チーズ味のカールと、最強のロックンロール・バンド、イージーウォーカーズを堪能。
奴らの音が流れると我が家のオカメインコは興奮して卵を産みまくる。

Sexy Music,One more time
Sexy Music,One more try

12月12日に発売される新譜(フルアルバム!)が楽しみでしょうがない。

R&R

そんじゃ皆、またいつか何処かのスタジアムか地下室かティーグランドで逢えたら良いな。
イージーウォーカーズ最高!ジミー最高!
posted by カンチョナ at 20:07| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月09日

☆VOODOO SHAKE the LOUNGE☆ / THE EASY WALKERS

JUMP SISTER ACTION! やっと聞けた〜。

STAR LOUNGE

今日も残業か?ってほぼ諦めていたけど、長く続いた激務を乗り越えたオレを、ロックン・ロールの神様が最高のライヴに導いてくれた。

新生イージーの音はかなりヘヴィーだね。ちょっと弱っている俺の体はビリビリ痺れていたよw。

posted by カンチョナ at 18:29| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月10日

Deeps・・・ / EASY WALKERS

201203062203523c8s.jpg

EASY WALKERS ファン必見!超詳細なバンドヒストリーが楽しめます!

Deeps・・・

ここの管理人、何者なんでしょう?
posted by カンチョナ at 11:19| 埼玉 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月05日

STONES ARCHIVE

STONES ARCHIVE

Hampton Coliseum (Live, 1981)を購入。

DSC00723.JPG

全26曲!迫力のサウンド!でもたったの$9。円高もこんな時はありがたい。
posted by カンチョナ at 16:19| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月15日

SUBTERRANEAN HOMESICK BLUES 代々木Zher the ZOO / THE EASY WALKERS

今年一発目のライヴ。前回のLa.mamaから僅か3週間というイージーさんらしくないハイペース(笑)。
なぜならこの日はスペシャル・デー!1月14日は愛する五十嵐“JIMMY”正彦の誕生日なのだ。
この日に、THE EASY WALKERS のギタリストとしてステージに立つ彼を見ることができるなんて最高だ。

120114_185014.jpg

新生イージーウォーカーズは前回からさらにパワーアップ。
内藤幸也さんとのコンビネーションも目茶苦茶かっこよくなってきた。


対バンはジミーの50回目の誕生日にふさわしく、OMMY&DAXXのBLUE SAUCE BLOOD。
俺が初めてジミーを見たのがTHE SILVER DOGGSで、その時のメンバーをこんな日に久しぶりに見ることができるなんてちょっと嬉しかった。
OMMYは相変わらずワイルドでかっこよかった。(全部彼が歌えばいいのに・・・。)

アンコールで久しぶりにJIMMYとOMMYのツインギターが聞ける!曲は当時やっていたストーンズのスター・ファッカーだ!って勝手に期待していたけど、残念ながらツーショットは見ることが出来なかった。


最高のバースデー・ライヴ。
最高の仲間からのテレキャス型ケーキ。

今年は沢山ライヴをやって欲しい。アルバムもDVDも出して欲しい。
ファンはいつだってわがままなのだ!

DSC00703.JPG

手に入れたサイン入りポスターは宝物だ!

posted by カンチョナ at 23:09| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月24日

Nasty R&R Fes.2011 / THE EASY WALKERS

一年振りのイージーウォーカーズ。再び会えたことがただただ嬉しくて・・・。

Nasty R&R Fes. 2011


ジェシはいなくなっちまったけど心配無用!
侍ギターマンが加わって無骨になったイージーのロックン・ロール・ピストルに心臓をぶち抜かれた。
やっぱヤツラは最高にカッコイイ。

イージーの音はこれからどんどん変わっていくんじゃないかな。
マイナーチェンジは随所に見られたけど、まだまだ手探りって感じ。
でもそんな進化の過程を見るのも楽しい。
いつもよりギターを弾きまくるジミーを見ることが出来るからね。
フィフティーン・ハリケーンの色気は最強だ!


お帰りなさい、イージーウォーカーズ。

新たなコンビネーションから生まれる新曲が早く聞きたな。


転がり続けろ!

posted by カンチョナ at 11:32| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月19日

STONES ARCHIVE

STONES ARCHIVE

The Brussels Affair を購入。

たった$9で73年の最強ストーンズを手に入れる事ができた。

サム・ガールズ・ライヴ・イン・テキサス '78 が発表されたばかりなのになんなんだろう?この大放出っぷりは(笑)。

これからもお宝をドンドン放出してくれ〜。


The Brussels Affair

でもさ・・・。

「あんたがいなくてさびしいよ、ビル!」
posted by カンチョナ at 20:34| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月14日

女たち

サム・ガールズ・ライヴ・イン・テキサス '78
posted by カンチョナ at 22:53| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月25日

SUPERHEAVY

SUPERHEAVY


posted by カンチョナ at 08:27| 埼玉 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月13日

THE ROLLING STONES

ちっぽけだけど書斎を手に入れた。書斎と言うよりはオーディオルームかな。



この部屋に飾るかっこいい絵を長いこと探していたんだけど、「これだ!」ってのが見つからなかった。

本当はロニーが書いたこの絵が欲しいんだけど高すぎるんだよね。

ロニー

そんなワケでターゲットをポスターに変更。

最初はアンディ・ウォーホルのミック・ジャガーにしようと思ったんだけど、ずっと眺めていたらそんなに好きじゃない事に気づいちゃった。

“LOVE YOU LIVE” のジャケットは大好きなんだけどね。



そして悩みに悩んで決めたのがこいつ。

THE ROLLING STONES

なかなか良いでしょ!相当気に入ってます(笑)。

このポスターにメンバーのサインが入ったら間違いなく気絶するね。



It's Only Rock 'n' Roll (But I like it)
posted by カンチョナ at 22:49| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月22日

Life / Keith Richards

ライフ / キース・リチャーズ
LIFE

ミスター・ロックン・ロールの自伝を購入。

結構ぶ厚い!

本を読み始めると3分以内に眠くなる俺が読み終わるのはいつになるんだろう(笑)。
posted by カンチョナ at 16:30| 埼玉 🌁| Comment(7) | TrackBack(0) | MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月10日

Too Bad / RED WARRIORS

TOO BAD.JPG

震災後初、久しぶりに訪ねた美容室で3/11以降の事を色々話した。

若き店長はいい奴なんだけど、原発のことを「日本には必要ですからね。」と軽く簡単に答えやがった。

被災地でボランティア活動をしたいと言ってたけど、全てが嘘に聞こえてしまう。



悲しかった・・・。


Too Bad / Red Warriors
posted by カンチョナ at 08:45| 埼玉 🌁| Comment(7) | TrackBack(0) | MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月27日

KILIMANJARO HO

Eggs'n Things

まるで雪山。


KILIMANJARO HO / THE EASY WALKERS
posted by カンチョナ at 17:47| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月23日

Baby電気を消そう

Boogie Go Go


暗闇の

我が家で楽しむ

ブギ・ゴー・ゴー

posted by カンチョナ at 21:18| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月26日

青い鳥 〜期待の無い朝希望は降る〜 / THE PRODIGAL SONS

森重樹一脱退。

実は1STを聞いた時、ブルージーなバンドの音と森重のヴォーカルが合ってないような気がしていた。
彼の脱退が発表された時、なんとなく理解できるような気がした。

ところがこの2NDアルバムではハードロッカー森重のシャウトが抑えられていて、とても心地よい音になっていた。
脱退は結構前から決まっていたみたいだけど、このアルバムを聞くと彼が言う、「音楽性にズレが出てきた。」という脱退理由が信じられなくなってしまう。



5人の生々しいリアルな音が滅茶苦茶かっこいい。
1STを超えるブルーズィ〜なロックン・ロール・アルバムだ。

青い鳥 〜期待の無い朝希望は降る〜 / THE PRODIGAL SONS
THE PRODIGAL SONS

THE EASY WALKERS からジェシが脱退、THE PRODIGAL SONS からは森重が脱退。

JIMMY のギターがしばらく聞けなくなってしまう・・・。大丈夫かな?

posted by カンチョナ at 17:13| 埼玉 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月12日

佐野元春

先日、テレビで佐野元春を見た。
髪の毛が真っ白になったライオンは、真っ赤なストラトをぶら下げて、若いミュージシャンとのセッションを楽しんでいた。

ド派手なロックン・ロールが好きになって、レッズだ!ジギーだ!エアロだ!ハノイだ!ガンズだ!やっぱりストーンズだ!なんて言い始めるまでは一番好きなミュージシャンだった。
ガキが背伸びして聞くには最高の兄貴だった。

久しぶりに聞いた彼の声に懐かしさより新鮮さを感じた。


佐野元春


昔は大好きなものを見つけると、それ以前のものを否定してしまう悪い癖があったけど、最近はちょっと変わって来た。
昔好きだったこれもいいじゃん!みたいな(笑)。
たとえ大好きだった奴がダサくなったとしても、過去の作品に罪はないよね。

いい音楽は永遠だ。そして佐野元春は今でもかっこよかった。


情けない週末 / 佐野元春


昔は “Cafe Bohemia” までだったけど、今は “No Damage” までかな・・・、って更にストライクゾーンが狭くなってんじゃん!

雪

posted by カンチョナ at 23:22| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月25日

Studio Live 1972 / THE ROLLING STONES

先日、スカパーでローリング・ストーンズのスタジオライヴが放送された。
1972年、ミック・テイラー期のもので、楽曲も演奏も風貌も最強だった頃の貴重なフィルムだ。

Shake Your Hips、Tumbling Dice、Loving Cup となかなか渋い選曲。
“Exile On Main Street”からだね。

そしてこの30分番組の最大の目玉はミック・ジャガーを除いた4人で行ったジャム・セッション。
チャーリー・ワッツとビル・ワイマンの跳ねたリズムに、2人のギタリストがブルージーなフレーズで色をつけていく。
行き先の決まっていない4人の気ままな旅が目茶苦茶かっこよかった。


Shake Your Hips / THE ROLLING STONES



観客のいない狭いスタジオにはタバコのけむりとジャックダニエル。
5人が向かい合って輪になって音を出している姿はまるでリハーサルか曲作りの様だった。
(画面には写ってはいないけど、ピアノはイアン・スチュだよね?)

とにかくキースのかっこよさが尋常じゃない。
テレキャスを弾く姿はもちろんだけど、そのアコギは放り投げるの?って位に高く構えた姿にも痺れてしまった。

リピート放送もまだあるみたいなので興味のある人は是非!
posted by カンチョナ at 22:14| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月09日

オカモトズに夢中 / OKAMOTO’S

明日は成人の日。おかげさまでサラリーマンも三連休。
遥か彼方の記憶では、俺の成人式は寒かったな・・・。

ロックン・ロールなんて古臭い音楽は平成生まれの新成人達には関係なさそうだけど、彼等にとっては特別なものだ。(成人式は昨年だったのかな?)
ゆとり教育なんて関係なく、膨大な量のロックン・ロールを夢中で勉強したに違いない(笑)。

オカモトズに夢中 / OKAMOTO’S (オカモトズ)
OKAMOTO'S

オカモトショウ(Vox)
オカモトコウキ(Guitar)
ハマ・オカモト(Bass)
オカモトレイジ(Drums)


クソみたいな政治に、連敗続きの日本経済、国土は隣国の大金持ちに買い漁られ、テレビをつければ韓流スターにK-POP。
閉塞感漂う世の中だけど、若い彼等の熱い音を聞いていると、「日本もまだまだ捨てたモンじゃね〜よ。」って思えてくる。

先人達が切り開いた日本のロックン・ロールで世界と本気で勝負している。
そして若い彼等をメジャーレーベルがバックアップしている。
ちょっと嬉しいよね。

昔、バラエティー番組で見ていたレイジが立派な変態ドラマーに成長していた。
走り続ける偉大な親父に負けない立派なロックン・ローラーになっていた。
音楽に対する愛情が真っ直ぐでホント可愛いヤツだ。


笑って笑って / OKAMOTO’S



こんどプライベーツと対バンすることがあったらライヴに行ってみようかな。
一応、親父のバンド目当てってことにして(笑)。
posted by カンチョナ at 22:40| 埼玉 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月24日

Nasty R&R Fes. 2010 / THE EASY WALKERS

バイバイ、ジェシ!

THE EASY WALKERS

若きテクニシャンは今日もブルージーでエモーショナルなギターを奏でていた。

見てるコッチの気持ちなんてお構いなしに、最後までいつもと変わらないロックン・ロール・ショー。


メンバー紹介の順番がいつもと少し違うだけ。

リュウが「ロッキン・ギター・ジェシ!」と叫んだ直後に始まった“ディスコ・クレイジー”のイントロのカッティングは最高だった。


THE EASY WALKERS

ジェシの代わりなんているんだろうか?

あのピッタリはまっていた5つのピースはどうなっちゃうんだろう?


チクショー!なんであんな爽やかな笑顔で去っていくんだよ。

しんみりしていた俺が情けないよ。


posted by カンチョナ at 01:07| 埼玉 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする