2011年07月02日

浦和1−1G大阪

浦和1−1G大阪
埼玉 42,331人
≪得点者≫
浦和 :原口77
G大阪:宇佐美56


また引き分けだけど、今までとは一味違っていた。

久しぶりに埼スタが埼スタらしく、熱く熱く盛り上がった。



浦和の選手はやっぱり素晴らしい。

達也、元気、原、マルシオがゴールに向かっていくとワクワクする。

途中出場の直輝と柏木が中盤を作り出すとさらにワクワク。

でもマゾーラが・・・。



新しい外国人FWは背が高いみたいだけど、俺はもっと原のプレーが見たいな。

ニヤに飛び込んでいくあの感じが、生粋の点取り屋って感じでかっこよかった。

危険な香りがプンプンしたよ。


エジ


中盤を無視してゴール前に放り込むサッカーは見たくない。

正しい競争の中で選手を選んで欲しい。

って言うか、元気、峻希、直輝が見たいんだ。

今の浦和の戦術は彼等のコンビネーションでしょ!
posted by カンチョナ at 21:25| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 浦和レッズ観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/212952648
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック